こどもの食卓

はやま食卓プロジェクト

「こどもの食卓」
とは?

海と山に囲まれた自然豊かな葉山は
都心への通勤圏内ということもあり、
「葉山で子育て」をと考える人は
年々増える傾向にあります。

その一方で、
葉山の待機児童率は
周辺地域と比べても高く、
子育てに不安を感じている
共働き世帯が多いのが現状です。

はやま食卓プロジェクトの
「こどもの食卓」では、
1.
こどもが一人で食べに来られる
場所作り

2.
こどもが安心して食べられる
食材の提供

この2つをテーマに
「働きながら育てる」を応援しています。

1こどもが一人で
食べに来られる
場所作り

写真:受付の様子

私たちは「何を食べるか」と同じくらい「誰と食べるか」を大切に考えています。こどもたちが誰かと出会う機会の一つとして、自分の居場所として、「こどもの食卓」を思い浮かべてくれるようになればと思います。

こどもたちが、「食べる」ことと「嬉しい・楽しい・気持ちいい」を結びつけることが出来る、新たなコミュニティを作っていけるよう開催を続けていきます。また、こどもたちがここで得た経験をいろいろな人と積極的に共有していけるよう、成長を見守っていける場所でありたいと思います。

2こどもが安心して
食べられる食材の
提供

写真:受付の様子

自然が身近にある葉山では、野菜・果物・魚・肉など地元で作られた新鮮な食材を手に入れることが出来ます。また、それらを扱う小売店や飲食店も多く、住民に地産地消の感覚が自然と根付いている地域でもあります。こどもたちがこの感覚を受け継いでくれるよう、地域の農家さんと連携しながらメニュー作りを行っています。

また、無農薬野菜やオーガニック食品など、体にも環境にも優しい食材の提供も積極的に進めています。

はやま食卓プロジェクト

ロゴマーク:はやま食卓プロジェクト

はやま食卓プロジェクトは、
“食”を中心として
「働く親や子育て中の親
(主にお母さんたち)の
手助けとなること」
をテーマに立ち上げられた
プロジェクトです。

「働くこと」と「こころのゆとり」と
「子育て」は時にそれぞれが対極にあり、
お互いがお互いを奪いながら
成り立っている、
そう感じることがあります。

食卓を囲み、時間を共にする、
それだけで埋められるものがあります。
そういう場所をつくることが、
わたしたちの目標です。

こどもの食卓 × Instagram

協力・協賛・提供のお願い

「こどもの食卓」は皆様のご協力・ご支援で運営しております。運営のご協力、食材のご提供などは随時受け付けております。
詳しくはお問い合わせください。

食材提供のお願い

「こども達に安心・安全な食材で食事を提供したい」「できるだけ地元の食材を使いたい」それが「こどもの食卓」の作り手たちの想いです。
地元農家の皆さん、自家栽培の食材、調味料、お米、その他ご提供いただけるものがありましたら是非ご支援ください。

資金援助のお願い

食材・備品・消耗品の購入、会場費などの他、活動を充実させていくための費用のご支援をお願いしております。支援金のお振込は下記の口座にてお受けしております。皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

湘南信用金庫 
逗子支店(店番:028)
普通 0131954
はやま食卓プロジェクト実行委員会

団体概要

団体名はやま食卓プロジェクト実行委員会
代表者清水明絵
所在地〒240-0112
神奈川県三浦郡葉山町堀内663
かざはやファクトリー内
連絡先046-876-8167(清水)
主な活
動内容
「こどもの食卓」の企画・運営食をテーマにした子育て支援・地域支援活動

お問い合わせ